メニュー

Column

助成金相談なら|東京・埼玉・神奈川|レジリエンス

助成金を受け取るポイント

会社を設立したばかりだったり、起業を考えていたりする場合、事業に関する資金を自己負担で賄うのは難しい面があります。このようなときに、中小企業をサポートし支えてくれる存在が「助成金」です。

助成金とは

助成金とは
簡単に言うなら、助成金とは国や地方自治体からもらえる「返済不要な支援金」のことです。融資と勘違いされるケースもありますが、返済の必要がない点が融資との違いです。

助成金は、資金調達に困った経営者にとって欠かせない存在であり、条件さえ満たしていればどのような会社でも無料で受け取ることができ、返済する必要もありません。そのため、多くの企業が助成金相談を利用しています。

助成金を受け取るポイント

会社経営の様々な場面で、助成金を活用することができます。主に労働者を雇い入れるときや教育訓練を行うとき、福利厚生を充実させるときなど、助成金は「雇用(人)」に関係するときに活用できるのが特徴です。そんな助成金を受け取る際のポイントをご紹介します。

交付条件をきちんとチェックする

交付条件をきちんとチェックする
助成金には交付の条件が定められているため、まずは会社の事業内容が条件とマッチしているかどうか、確認することが重要です。

また、助成金は受け取れる金額が決まっているものと、事業に使用した資金のうち一定金額だけが受け取れるタイプがあります。基本的に助成金は「後払い」になるため、事業にかかる資金は一度自己負担になります。

そのため、あらかじめ自己負担金額と受け取れる金額がいくらになるのか、きちんとチェックしておくことがポイントです。判断が難しい場合は、助成金相談を利用することをおすすめします。

審査が必要なときは「経営革新」の承認を受ける

起業や研究開発の促進などに関する助成金申請の場合、成果を挙げられそうな事業を選別するために、審査が行われることもあります。審査が必要なタイプでは申請書を作成し、国が認定する「経営革新等支援機関」の承認を受けることが条件に挙げられています。

申請書とは、いわゆる「事業計画書」のことです。これを基に面接やチェックなどの審査が行われ、スムーズに行けば、最終的に交付決定を受けられます。助成金を確実に受け取るためにも、会社の資料を整理し、内容をきちんと把握しておくことが重要なポイントと言えるでしょう。

助成金は、労務整備が進んでいない中小企業の労務分野のサポートを目的としています。現在、会社経営などでお悩みなら、助成金相談を行うことをおすすめします。

事業再生に関して経営コンサルタントに相談したいとお考えの方は、東京都にあるレジリエンスをご利用ください。経営改善計画書や資金調達などをはじめ、「自らの力でオンリーワンに生まれ変わること」を目指して企業様のサポートをさせていただきます。

東京都を中心に、埼玉神奈川エリアにも対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ


事業再生コンサルなら【株式会社レジリエンス】概要

会社名 株式会社レジリエンス
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DFビル6階
電話番号 03-5785-3218
FAX 03-5785-3281
URL http://www.resilience.co.jp
業務内容 事業再生コンサル・助成金相談・中小企業経営相談・経営革新計画サポートなど

東京都港区南青山2-2-8 DFビル6階
TEL:03-5785-3218 FAX:03-5785-3281

© 2021 RESILIENCE Co.,Ltd. All Rights Reserved.