メニュー

Column

事業再生なら|売却・計画書作成はコンサルに|レジリエンス

事業再生のタイミング

ビジネスが多様化する現代では、銀行からの融資がストップした、または資金調達が難しいなどの状況に陥る企業も少なくありません。

このような場合には、現状の分析を明確にした事業再生を検討する必要があります。事業再生には、経営危機に陥った原因を分析し、会社の将来を考えて具体的な対処法を示す意味があります。

事業再生の流れ・フロー

事業再生の流れ・フロー
企業が経営不振に陥ったとき、不採算部門の撤退や事業譲渡・売却などの手法を取り、経営事業を再構築することが「事業再生」です。

再生計画の策定は、会社の状況や経営者自身の気持ち、取引先との関係などを材料に判断していきます。再構築の流れを簡単に説明すると、まずは財務を中心に事業全体の状況を把握・分析し、会社内の課題を突き詰めます。

いわゆる現状分析的な調査で、この作業で明らかになった課題の改善策や対処法を考え、再生のためのプランを策定していきます。その後、実際に事業・財務・業務・組織の再編を行い、事業再生がスタートするのです。

事業再生のタイミングとは

再生に関するタイミングは各企業によって異なります。
例えば、会社の問題点が明確なので1年以内に解決できる一方、解決策が見つからないため、第三者機関の協力が必要になる場合もあります。ケースによっては、調査や状況の調整に数年の時間がかかることもあるのです。

事業再生のタイミングとは
事業再生を目指す場合、再構築のための計画書を作成したりコンサルへの依頼を選択したりと、実際に再起を果たすための取り組みは多々あります。これらの対策や対処が早ければ早いほど、会社の倒産という事態を回避し、事業再生への近道となります。

会社経営で危機を感じた際は、企業の改善・強化が必要です。

事業再生ではまず、自社での再生タイミングを見極め、ときには専門の知識を持つ機関のサポートを得ることもポイントです。

事業再生のタイミングでお悩みなら、東京都にあるレジリエンスへご相談ください。支援やサポートを必要としている企業様の問題に対応し、再生計画のサポートをさせていただきます。ご質問や相談も受け付けておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ


事業再生コンサルなら【株式会社レジリエンス】概要

会社名 株式会社レジリエンス
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DFビル6階
電話番号 03-5785-3218
FAX 03-5785-3281
URL http://www.resilience.co.jp
業務内容 事業再生コンサル・助成金相談・中小企業経営相談・経営革新計画サポートなど

東京都港区南青山2-2-8 DFビル6階
TEL:03-5785-3218 FAX:03-5785-3281

© 2021 RESILIENCE Co.,Ltd. All Rights Reserved.